ご挨拶

 WHOは、「健康は世界平和の基礎である」と提唱しており、さらに「健康とは、身体的、精神的、かつ社会的に完全に良好な動的状態であり、単に病気あるいは虚弱でないことではない」とも謳っています。人種、宗教、政治信条や経済的・社会的条件によって差別されることなく、最高水準の健康に恵まれることは、あらゆる人々にとっての願いであり基本的人権のひとつです。
 このように健康は、個人の幸福という域を超えて各国の共通課題となっていますように、わが国においても、セルフメディケーションの意味や重要性を国民に訴え、理解を得て、促進していくことが大切です。そのためにも、治療よりも、予防に力点を置くことを、基本的な概念としなければなりません。
 このことは、国民が少しでも病気にならないことを目指す医療体系の確立につながり、これなくして、少子高齢社会、医療費激増の時代に対処していくことができません。弊社はこれらの観点から、セルフメディケーションの実践に役立つ、安全で有効かつ高品質な医薬品や健康食品作りを目指します。さらに、東西の医学の中で実証されている有効成分の組み合わせや、健康の増進に役立つ、エビデンスのある素材を駆使し、人々の健康作りにかかわる商品の開発・製造・販売を通じて、社会に貢献して参りたいと思います。社員一人一人が、人々の健康にかかわる商品を取り扱う生命関連企業に従事していることをしっかりと自覚し、法令遵守はもとより高度の倫理観をもって各業務に取り組んでまいります。
 何卒、皆様の暖かいご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。